小さな赤ちゃんを守るために


まだ生まれたばかりの赤ちゃんは非常にか弱く、大人ならなんて事のない衝撃に

 

対しても深刻なダメージを被ることがあります。例えば交通事故で掛かる衝撃はま

 

だ骨も筋肉も成長しきっていない赤ちゃんにとっては非常に激しい衝撃となるの

 

で、小さな化赤ちゃんを事故から守るためには必ずベビーシートを使用するように

 

しましょう。ベビーシートを初めとしたチャイルドシートの取り付け義務は6歳未満

 

の児童に対してを対象としているので、チャイルドシートだけ買っていれば大丈夫

 

と思っていた方はちゃんとベビーシートも購入して置いてください。

 

 

ベビーシートはチャイルドシートの対象年齢のお子様に使用するよりもより小さなお子様を対象にしています。そのため首が据わっていないお子様のために首のガードが徹底しており、お子様が安心して眠りにつけるような角度で身体を固定できるようになっているのも特徴の一つといえます。

 

ある程度大きくなればすぐにチャイルドシートに移行する上新生児をつれて外に

 

出る機会もそうあるわけではないのでチャイルドシートは購入しないという方も少

 

なからずいるそうですが、チャイルドシートの中には兼用でベビーシートにすること

 

が出来るものもあるので、万が一のためにそういう商品を購入するのもいいかもし

 

れません。

コメントは受け付けていません。