小さな子供を車に乗せる為に


交通事故にあった際自動車に乗っている方は非常に強い衝撃を受ける事になります。特に小さい子供は身体が弱くその衝撃によって首などにダメージを受けることが多く、また体重が軽いことも合って車外に投げ出されるなどの被害に遭うことも珍しくないそうです。

 

 

もしそうなれば命に係わる怪我を負う可能性もあるので、少しでもお子様の安全を

 

確保するためにもチャイルドシートをはじめとしたお子様専用のシートは必ず使用

 

するようにしましょう。例えば新生児を自動車に乗せて異動しなければならない時

 

はベビーシートという専用のシートを使用する必要があるので、出産前には用意し

 

ていつでも使えるようにしておきましょう。

 
ベビーシートは新生児から1歳くらいを対象に体重10kg未満のお子様用に作られたシートで、まだ完全に座っていない首を保護して事故による衝撃によって車外に飛ばされないようにベルトなどを用いてお子様の身体をしっかり固定することが出来ます。

 

ベビーシートは使う機会が極端に短いため中にはお子様をなるべく自動車に乗せないようにする方もいますが、何かあったときに自動車で移動することが出来ないとなると非常に困った事になるので、多少安くても必ず用意しておいたほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。