適切なシートを選ぶ


同乗者の中に小さなお子様がいる場合はチャイルドシートを初めとしたお子様向けのシートの取り付けが義務付けられていますが、その期間の間は全部で3種類のシートを使用する事になります。一般的には一番使用期間が長いチャイルドシートが有名ですが、それ以外にも新生児向けのベビーシートとある程度成長した学童児向けのジュニアシートの2種類が存在しますが、中でもベビーシートは首が座っていない状態のお子様を運ばなければならないため、シート選びは身長に行なうようにしたほうが良いかも知れません。

 
ベビーシートを選ぶ際はお子様に負担をかけないようにすることが大切です。

 

このころの赤ちゃんは腰の角度を45度にすると一番リラックスして眠りに着くことが

 

出来るそうなので、運転中に起きたりしないようにその角度をしっかりキープするこ

 

とが出来るような商品を選んだり、首が据わっていない状態であっても確実に首を

 

初めとする様々な部位をガードすることが出来るような商品を選ぶようにすれば何

 

か起きたときも安心です。しかしベビーシートは使用期間が極端に短く、新生児を

 

つれて運転する機会もそうあるというわけではないという方も少なくないので、そう

 

いった方は無理して高いものを買わないという手もあります。

コメントは受け付けていません。