子供に負担をかけない取り付け


小さなお子様を乗せて運転する事になる機会もあるかと思いますが、その際お子

 

様の安全を確保するためにも専用のシートを使用しなければなりません。

 

例えば新生児を乗せる際はベビーシートと呼ばれる専用シートを使用する必要が

 

ありますが、ベビーシートは取り付け方法を間違えるとお子様に強い負担を掛ける

 

事になるので、お子様の安全を確実に確保するためには必ず正しい取り付け方

 

法を学んでミスの無いように取り付け作業を行うようにしてください。

 
ベビーシートの限った話ではなく小さなお子様用に取り付けるシートは全て取り付け方法を間違えると本来発揮することが出来るはずの固定能力が半減してしまい、事故の際お子様にダメージを与える可能性が大きく上昇してしまいます。

 

特に新生児を運ぶために作られたベビーシートは取り付け位置を間違えたせい

 

でお子様の身体に負担が掛かってしまう角度で身体を固定させてしまうこともある

 

らしく、アメリカではそのせいで障害が残ってしまった赤ちゃんもいるそうです。事

 

故を起こす前にそんな事態に陥っては目も当てられないので、ベビーシートを購

 

入したらお子様をすぐには乗せないで正しい取り付け方をしっかり覚えるために

 

前もって取り付けの練習を行ってください。

コメントは受け付けていません。